家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい 株式会社LLB信濃コーポレーション
家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい
株式会社 LLB信濃コーポレーション
お問合せ資料請求
誠設計グループ家づくりのポリシー
現在進行中の建築現場から工事の様子をご紹介
誠設計グループの実績邸を写真でご紹介
完成見学会、家めぐり、すまい教室etcイベント情報はこちらから
家づくりの体制や家づくりのれ、アフターメンテナンス等サポート体制についてご紹介
会社概要・採用情報
    TOP > 現場レポートTOP > 標準仕様−構造躯体
 
構造躯体

誠設計グループの住まいは、柱・梁・筋違いで支える木造在来軸組工法に加え、壁と床を面で支える面構造を
プラスしたハイブリット工法を採用しています。また、耐震性能は、耐震等級2を標準に設定し、より強固で安全な
住まいを実現しています。
 
在来軸組工法
柱・梁・筋違いで躯体を支える
  面構造
壁と床は、構造用合板(面)で支える

また構造材には、品質にばらつきの少ないKD材(人工乾燥材)を使用し、土台にはヒバ、柱にはスギ、
梁には米マツを使用しています。

 
耐震等級とは?

耐震等級とは、住宅性能表示制度で用いられる指標で、建物がどの程度の地震に耐えられるかを示しています。
「住宅の品質確保の促進等に関する法律(以下 品確法)」では、耐震等級を3段階に定めており、建築基準法の
範囲内を等級1、建築基準法の1.25倍の強さを等級2、建築基準法の1.5倍の強さを等級3としています(表1)


  (表1) 品確法・耐震等級の目安
等級1
(建築基準法レベルの耐震性能)
数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から7程度)の地震力に対して倒壊・崩壊せずに、
数十年に一度発生する地震(東京では震度5強程度)の地震力に対して損傷しない程度。
等級2
数百年に一度発生する地震の1.25倍の力に対抗できる
等級3
数百年に一度発生する地震の1.5倍の力に対抗できる
   
   
 
back

上へ戻る

 
 家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい
 株式会社 LLB信濃コーポレーション
  長野市吉田五丁目9番16号 TEL 026-263-5501 FAX 026-263-5503 mail:info@llb-s.jp
 
 
Copyright(c) 2007-2016 LLB Sinano Corporation All rights reserved