家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい 株式会社LLB信濃コーポレーション
家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい
株式会社 LLB信濃コーポレーション
お問合せ資料請求
誠設計グループ家づくりのポリシー
現在進行中の建築現場から工事の様子をご紹介
誠設計グループの実績邸を写真でご紹介
完成見学会、家めぐり、すまい教室etcイベント情報はこちらから
家づくりの体制や家づくりのれ、アフターメンテナンス等サポート体制についてご紹介
会社概要・採用情報
    TOP > PictureWindowINDEX > 10.10
 
住まいや建築に関する誠設計グループの情報
Picture Window(ピクチャーウィンドウ)バックナンバー
 2010.10月号 


所長コラム 「駐車スペースから玄関までのこと
 
昔からある団地の一角、古い建物が解体・整地された土地に立ち、
気持ちを新たに設計のスタートを迎えます。

この地の新たな住人Iさんご家族に代わってまず考えたことは、
向こう3軒両隣の方々にも配慮した建物のデザイン・ボリューム、
駐車スペースはどうあるべきか。
そして、これらをつなぐアプローチと玄関廻り、デッキ、植栽をはじめ、
家の内外からの景色はどうか・・・など。
外部との「間合い」や「視線」に配慮しながら、心地よい空間や演出方法を探っていきます。

駐車スペースは毎日使う場所ですから、安心・安全を第一に考えたい。
雨の日、雪の日、風の日、お年寄り、子供連、女性ドライバーや来客のこと、
買い物の荷物・・・等々を考えるとガレージは玄関や勝手口の近くにあれば最高。

また、アプローチは、ご家族の人柄が素直にでるところですから、特に重要だと考えます。
私自身、お住まいの方の“住宅感覚”を推察するときは、
アプローチの空間構成や植栽等の演出をみて判断しますし、
訪問者や帰宅者は、玄関に至る間に気持ちや精神状態を、
迎える者は反応や対応を準備する訳ですから、
アプローチには、お互いの「間合い」の空間としての役割もあると思うのです。

これから始まるIさんの家も、ご家族の人柄が素直に現れるアプローチの演出を考えることが大切です。
今度の日曜日、Iさんのご希望や夢をお聞きするのが今から楽しみです。
   

建築マメ知識 「病害虫に負けない庭木を育てよう!」
 
施肥に適した季節になりました。
この時期、株元に有機肥料を まいて腐葉土を敷くと保水効果UP。
微生物が土を柔らかくし根が生育しやすくなります。
また、常緑樹の植付けにも適期。
家の内外からの眺めに適した場所に植えてみては??
ちなみに植付け1年未満の木は、土の乾燥具合をみながら
週に一度水やりを。

   

お宅訪問・長野市M様邸 「“小さくつくって大きく暮らす”仲良し4人家族の29坪の家」
 
2階フリースペースは、お嬢さんのピアノ演奏が響きます お引き渡しから1年、点検の時期迎えたM邸におじゃましました。
Mさんのお宅はオール電化、薪ストーブのお住まい。

帰宅すると北東と南西の窓を開け空気の入れ換えをするのが日課という奥様は、「風の通り道 が出来ていて、心地良い風が抜けるんです」と、早くもこの家の住まい方をマスターしているご様子。
食洗機やエコキュートも深夜電力を利用し、ナント光熱費も以前の半分以下に!
一番のお気に入りの場所というアイランドキッチンは、
「家事の動線や見通しが完璧で、作業しながら家族との交流があるので、家事も苦ではなくなりました」という嬉しいお言葉。
昨年の冬には、ご主人が切望された薪ストーブ一台で快適に過 ごされ、
焼イモやおもち、ピザづくりにも挑戦したとのこと。
“家族 の団らん”が家中で実現している姿に感激です。


今年の冬は、M邸の薪ストーブで出来た焼イモをご馳走してもらいに、またおじゃまします!


  階段の読書コーナー 和室には2人の「生け花」展示 かくれんぼに最適!?
  2人のお気に入りの場所、階段の読書コーナーには本がいっぱい。 和室には2人の「生け花」展示。花台は、建築端材を利用。ベストマッチ! 冬は暖房・調理に。かくれんぼに最適!?  


back

上へ戻る

 
 家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい
 株式会社 LLB信濃コーポレーション
  長野市吉田五丁目9番16号 TEL 026-263-5501 FAX 026-263-5503 mail:info@llb-s.jp
 
 
Copyright(c) 2007-2016 LLB Sinano Corporation All rights reserved