家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい 株式会社LLB信濃コーポレーション
家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい
株式会社 LLB信濃コーポレーション
お問合せ資料請求
誠設計グループ家づくりのポリシー
現在進行中の建築現場から工事の様子をご紹介
誠設計グループの実績邸を写真でご紹介
完成見学会、家めぐり、すまい教室etcイベント情報はこちらから
家づくりの体制や家づくりのれ、アフターメンテナンス等サポート体制についてご紹介
会社概要・採用情報
    TOP > オーナー様情報 メンテナンスINDEX > 庭のお手入れ−初夏〜晩夏・水やりのポイント
 
   
  ■初夏〜晩夏・水やりのポイント


簾掛け植樹から1年以内の樹木はまだ根付いておらず
そこに根付こうと、細い根を出し一生懸命頑張っている頃です。
しかも、植え付け直後は植樹のために根を切られ、いわば「術後」の状態。
命綱となる水をとにかく必要としています。最初の年、特に夏の時期の水やりは
重要です。元気にすくすく育つことのできるよう、 たっぷり・じっくり・しっかり水を
あげてください。


(1)水はとにかく「たっぷり」と!
  地中深く水が行き渡るよう、 時間をかけてたっぷり水をあげてください。
  1uあたり10リットルが目安。ホースで水をあげるなら、樹木1本あたり10分ぐらい
  実際のところ、「朝晩しっかり水やりをしていますよ」というお宅でも、足りていないことがほとんどです・・・。
  一生懸命根をはろうと頑張っている樹木に、どうぞたっぷりの水をあげてください。
  雨樋の雨水を溜めて使ったり、冷めたお風呂の残り湯を使うと水の節約にもなります。

(2)水やりの時間に注意!
  水やりは、必ず朝・夕の涼しい時間におこなってください
  太陽の照りつける日差しの強い時間帯に水をあげると 水温が上昇し、
  根がヤケド状態になって傷んだり、 葉焼けをおこしてしまいます。
  水やりの時間は、朝は9時ぐらいまで、夕方は5時以降が目安です。
  植樹1年目の樹木は、朝夕2回が基本。
  2年目以降、根を張って落ち着いてきたら水やりは一日1回でOKです。



ご不明な点があればお気軽にお問合せください。
owner@sei-house.com又は 026-263-5501
 
 
back

上へ戻る

 
 家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい
 株式会社 LLB信濃コーポレーション
  長野市吉田五丁目9番16号 TEL 026-263-5501 FAX 026-263-5503 mail:info@llb-s.jp
 
 
Copyright(c) 2007-2016 LLB Sinano Corporation All rights reserved