家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい 株式会社LLB信濃コーポレーション
家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい
株式会社 LLB信濃コーポレーション
お問合せ資料請求
誠設計グループ家づくりのポリシー
現在進行中の建築現場から工事の様子をご紹介
誠設計グループの実績邸を写真でご紹介
完成見学会、家めぐり、すまい教室etcイベント情報はこちらから
家づくりの体制や家づくりのれ、アフターメンテナンス等サポート体制についてご紹介
会社概要・採用情報
    TOP > オーナー様情報 メンテナンスINDEX > 念入りなお手入れ・メンテナンス−外部木部の塗り替え(キシラデコール)
 
   
  ■外部木部塗り替えのタイミング(キシラデコール)


デッキ、ベランダ、軒天井、花台など、外部木部に使用している塗料、キシラデコールは、
木目や手触りなど、木材本来の美しさをそのまま楽しむことができる浸透性の塗料です。
木材内部に保護成分が浸透し、内部から防腐・防カビ・防虫効果を発揮します。
時間の経過と共に、保護成分の効果も低下しますので、定期的な再塗装が必要です。
特に、1回目の再塗装時期が木材の耐久性を大きく左右します。
素地が目立ってきたり、塗料の色あせが目立ってきたら再塗装しましょう。

靴でよく歩く玄関まわりのウッドデッキは、半年〜1年毎
靴で歩かない場所は3年後、その後5年後、以後5年毎というタイミングを
目安に行いましょう。
雨アカやしみなどが進むと、汚れを落とす作業に手間がかかりますので、素地調整の手間を
軽減するためにも早めのメンテナンスを心がけましょう。
雨や雪、日光がよくあたる場所はこまめに塗装をしてあげると長持ちします。
キシラデコールの塗り方


メンテナンスが必要な例
色落ち
褪色
雨アカやしみ
 塗料が部分的に色落ちして素地
 の部分が目立ってきており、そろ
 そろメンテナンスの時期。
 塗料の褪色が目立っています。
 褪色している部分は再塗装時
 に多め塗布すると効果的。
 雨アカやしみが目立ちます。
 この状態になると、汚れを落と
 す作業に手間がかかります。
参考サイト:日本エンバイロケミカルズ株式会社「キシラデコール」<http://www.xyladecor.jp/index.html>



外壁の塗替えには、足場を組んで行いますので、足場の必要な箇所(ベランダや軒天井、破風、花台等)、も
併せて点検・メンテナンスを行うと良いです。外壁の塗り替えのご相談は以下までご連絡ください。
owner@sei-house.com 又は 026-263-5501
 
 
back

上へ戻る

 
 家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい
 株式会社 LLB信濃コーポレーション
  長野市吉田五丁目9番16号 TEL 026-263-5501 FAX 026-263-5503 mail:info@llb-s.jp
 
 
Copyright(c) 2007-2016 LLB Sinano Corporation All rights reserved