家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい 株式会社LLB信濃コーポレーション
家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい
株式会社 LLB信濃コーポレーション
お問合せ資料請求
誠設計グループ家づくりのポリシー
現在進行中の建築現場から工事の様子をご紹介
誠設計グループの実績邸を写真でご紹介
完成見学会、家めぐり、すまい教室etcイベント情報はこちらから
家づくりの体制や家づくりのれ、アフターメンテナンス等サポート体制についてご紹介
会社概要・採用情報
    TOP > オーナー様情報 メンテナンスINDEX > 念入りなお手入れ・メンテナンス−無垢床のワックス掛け
 
   
  ■無垢床のワックス掛け


(1)床のワックスの種類
床の仕上げ塗装には、大きく分けて2種類の材料を使用しています。


A 水性ウレタン塗装
  B 蜜蝋ワックスやオイル系自然塗料
表面に膜をつくり汚れをつきにくくします。
つやつやした肌さわりが特徴。
  床材に塗料が染み込み材料を長持ちさせてくれます。
さらさらとしていて、塗装をしていないような仕上がりです。
 


(2)塗り替えのタイミング

A 水性ウレタン塗装
  B 蜜蝋ワックスやオイル系自然塗料
住宅の場合では、10年に一度くらいを目安に塗り替えが必要です。ご自身では大変ですので、一度ご連絡ください。

  ウレタン塗装ほど長持ちしないため、少なくとも5年に一度は塗り足しが必要です。ご自身でも塗り替えが可能です。

<塗装替え方法>
表面に膜をつくって汚れをつきにくくするため、長持ちし、汚れもはじきやすいのですが、塗り替えの際にはこの膜をすべてキレイに落とす必要があります。

左は、幼稚園の教室の床のメンテナンスを行った際の写真ですが、園児が靴で毎日のように動き回る教室では、6年でこのようになりました。
家具の下などは、塗ったときとさほど変わらない状態ですので、塗装の剥げ具合に合わせてペーパーヤスリなどで落とし、それから全面塗装をします。そのため、自分でお手入れするのは少し大変です。もちろんこのまま放置してほけば床板を交換しなくてはいけなくなってしまいますので、早めの塗り替えが必要です。
少しでも床板がはがれた場所があれば一度ご連絡ください。

  <塗装替え方法>
塗り替えの際は、普段のお掃除より少し丁寧に雑巾掛けをして表面の汚れを落とせばOK。リビングなど使用頻度の高い箇所のみ行うことも可能です。

汚れても良い服装に着替え、綺麗な雑巾、スポンジを用意します。ワックスを少しスポンジにとって床に塗り、拡げるようにして塗り込みます。広く行き渡ったら、擦り込むように塗っていきます。油っぽい仕上がりにならないよう、よく擦り込みましょう。


>>蜜蝋ワックスの作り方はこちらから





ご不明な点があればお気軽にお問合せください。
owner@sei-house.com又は 026-263-5501
 
 
back

上へ戻る

 
 家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい
 株式会社 LLB信濃コーポレーション
  長野市吉田五丁目9番16号 TEL 026-263-5501 FAX 026-263-5503 mail:info@llb-s.jp
 
 
Copyright(c) 2007-2016 LLB Sinano Corporation All rights reserved