家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい 株式会社LLB信濃コーポレーション
家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい
株式会社 LLB信濃コーポレーション
お問合せ資料請求
誠設計グループ家づくりのポリシー
現在進行中の建築現場から工事の様子をご紹介
誠設計グループの実績邸を写真でご紹介
完成見学会、家めぐり、すまい教室etcイベント情報はこちらから
家づくりの体制や家づくりのれ、アフターメンテナンス等サポート体制についてご紹介
会社概要・採用情報
    TOP > オーナー様情報 メンテナンスINDEX > 省エネルギーの住まい方−夏の過ごし方
 
   
■夏の過ごし方


暑い夏は、簾や障子を使って熱を取り込まない!

高断熱高気密の住まいは、断熱性能が高く室内温度を保とうとする
性質があります。夏場は、窓から太陽熱を取り込まない・熱を解放する
ことが大切です。太陽の動きに着目し、日射を上手にコントロールしてください。


ポイント
(1)日差しを遮り、太陽熱を家のなかにとりこまない
  ・簾を下ろす
  ・日の昇る時間は障子やカーテンを閉める
  ・外気温の高い時間帯、日当たりのよい窓を開放しない
  (熱風が入り室内を温めてしまいます)

(2)風の通り道をつくる
  ・涼風の入る窓をみつけ、家のなかを通りぬける風の道を見つける
  ・外気温が高くなりがちな南の窓は細く(10p程度)、涼風の入る窓は大きめに開ける

(3)クーラーを上手に併用する
  ・暑い日は、障子やカーテンも閉める

(4)温度と湿度を共に監理する
  ・温湿度計をおいて、除湿を心がける
   (人の感じる快適さは、温湿度のバランスで決まります)

   ≪夏、快適と感じる温湿度≫ 室内温度:25〜18℃ 室内湿度:55〜65%
   湿度が高いと暑苦しく感じ、70%超ではダニ・カビの活動域になるので注意が必要です。

   
■簾の掛け方(簾かけを利用の場合)

まず18cm位のひもで簾をフックにかけて固定。
2.2mのひもを3本用意し、それぞれ両端を結んで輪をつくり、
簾をくくって簾掛けに掛けます。
ひもは丈夫で簾の色と合うものを選びましょう。
長めの簾は下端を丸めて括ると、重りがわりになって安定します。
簾は連続させて下端を揃えるとキレイです。











ご不明な点があればお気軽にお問合せください。
owner@sei-house.com 又は 026-263-5501
 
 
back

上へ戻る

 
 家と庭一体で設計デザインする自然素材の家 信州長野の住まい
 株式会社 LLB信濃コーポレーション
  長野市吉田五丁目9番16号 TEL 026-263-5501 FAX 026-263-5503 mail:info@llb-s.jp
 
 
Copyright(c) 2007-2016 LLB Sinano Corporation All rights reserved